LITM COATING SERVICE

2019.01.20

春、花粉や黄砂が舞う前にコーティングした方がいい理由

豆知識

春になると車のボディがザラザラして、汚れやすく洗車が大変と感じている方もいると思います。

実はその原因の多くは花粉と黄砂にあります。

車を屋根付きのガレージに保管できれば被害も少なくてすみますが、、、

今回は花粉や黄砂で汚れた車のお手入れについて詳しくご説明します!

今回は春前にコーティングやお手入れをする理由を、書いていきたいと思います!

車についた花粉や黄砂は放置しないで

毎年春先になると飛散するスギやヒノキの花粉や大陸から飛来する黄砂。

想像しただけで憂鬱になりますね。

特に空が霞んで視界が悪くなるほどの大量の黄砂は、

洗濯物が汚れたり気管支の炎症を引こしたりするため、日常生活の悩みの種になっているはずです。

花粉や黄砂は人間の体だけでなく車にとっても大敵です

ボディに傷がつくだけでなく、放置しておくとボディに大きなダメージを与える原因になってしまいます。

車についた花粉や黄砂は放置しないで

花粉がボディにつくと…

毎年2月~5月頃にスギやヒノキから飛散する花粉は車のボディを汚します。

そして、花粉がボディに付着した後に夜露や雨で濡れて水分を含むと、ペクチンという物質を排出します。

花粉はさわると少しネットリしています。

乾燥すると、ペクチンがコーティング面や塗装面に侵食し、ボディの腐食や歪みの原因となることもあるのです。

黄砂がボディにつくと…

次に黄砂ですが、同じく春先に大陸の砂漠域から強風により舞い上がった土壌の粒子が偏西風にのって日本に飛来し大気中に浮遊あるいは降下するもので、西日本や日本海側で多く観測されます。

黄砂は花粉と同じく黄色い色をしていますが、花粉より小さくさわるとザラッとしています。

それは黄砂の中にシリカなど、硬い鉱物が含まれているからです。

雨が降ると黄砂は固まり、放っておくとボディにシミを作ってしまいます。

ボディを傷つけずに花粉や黄砂を落とす方法

ボディを傷つけずに花粉や黄砂を落とす方法

では、花粉や黄砂で車が汚れてしまった場合は、どのように対処すればよいかについてご説明します。

絶対にやってはいけないのがタオルで拭くことです。

花粉や黄砂がボディを直接傷つけてしまうため、細かな擦り傷がボディに残ってしまうことになります。

また、花粉や黄砂が付着した状態で市販のコーティング剤を使用するのもNGです。

花粉や黄砂をボディに擦り込むことになってしまうため、かえって車へのダメージが大きくなります。

ボディに傷をつけずに花粉や黄砂を落とすには、高圧洗浄での洗車(水洗い)がベストです。

高圧洗浄によりしつこくこびりついた花粉や黄砂が綺麗に洗い流されるので、手洗い洗車する前に必ずボディ全体を高圧洗浄で水洗いしてください。

また、花粉がシミになってしまった場合は、花粉は熱に弱いため、熱いお湯を染み込ませたマイクロファイバータオルで優しくゆっくりとシミを拭き取り除去するという方法が一番ベストです。

プロショップなどにある専用の洗浄剤を使用するという方法も良いでしょう。

ただし、長期間放置して塗装面を傷めてしまった場合には、しっかり下地処理洗浄した後に塗装面を修復させる必要があります。

その場合はご自身で行うよりも、プロショップに相談することをオススメします。

花粉や黄砂がつかないように予防するには?

花粉や黄砂がつかないように予防するには?

最後に愛車の大敵、花粉や黄砂による汚れや傷を可能な限り防止する事前の対策についてお話しします。

まず花粉対策ですが、ボディにこびりつかないようにガラスコーティングなどを施工し、飛来シーズン前にボディを保護しておくことが最も大切です。

また、フロントガラスなどもコーティング で保護をしておくと効果的です。

雨による花粉のこびりつきを防ぐことができます。

黄砂対策としては、ガラスコーティング施工をし、その後こまめな水洗い洗車が有効です。

コーティングしたボディであれば水洗い洗車だけでピカピカになりますので、

大切な愛車をいつも美しい状態に保つために、汚れがつきにくく、汚れを落としやすくなるガラス系コーティングを施工しておきましょう。

 

★LITMコーティングのこだわり★

LITMにはお客様の大事な愛車の状態を的確に見極める判断力と、塗装本来のポテンシャルを最大限に引き出すための高度な下地処理技術があります(←この下地処理技術というのがけっこう大切なのです)。

「愛車の価値を守りたい」「愛車を美しくいたい」「キレイなままで維持したい」というオーナー様のお気持ちをご共有させていただき、細部まで徹底的にこだわり作業を進め施工して参ります。

 

★コーティング費用の目安★

お車の状態等のよって費用が代わりますが、目安の費用は以下の通りです。

スタンダードコーティング

例:Mサイズ/¥122,000

プレミアムコーティング

例:Mサイズ/¥140,600

※車種によりサイズが異なります。
サイズ確認はこちらから
http://www.keeperlabo.jp/sp/size/

 

★コーティング施工時間の目安★

お客様の愛車を、ご希望以上にキレイに仕上げさせて頂くため、最低2日ほどお時間を頂戴しております。

なお、その間は弊社の方で代車を準備いたしております。

 

★現在ご予約頂ける日程★

ご予約は「お電話」または「ご予約フォーム」よりお願いいたします。

TEL:076-254-6735

ご予約フォームはこちら