LITM COATING SERVICE

2019.02.07

塗装にダメージを与える様々な原因

豆知識

車の塗装面が新車の時よりも年数を経て徐々に見栄えが低下するのは、様々なダメージを受け続けていることに原因があります。
その塗装面にダメージを与える主な原因には、下記のような外的劣化要因が必ずあります。

花粉

花粉は球体形状で外側に膜があり、水に濡れるとこの外殻が割れて中から「ペクチン」と呼ばれるたんぱく質成分が抽出されます。
水に濡れて抽出されたペクチンは塗装に付着するのではなく塗装組織の中に入り、乾燥過程で収縮し同時に塗装を内側から収縮させてしまいます。
ダメージは花粉(ペクチン)量と気温、そして経過時間に比例して深刻化します。

鳥糞

鳥の糞はアルカリ性、または酸性となっていて、長い間付着してしまうと、乾燥過程で塗装内部を収縮させ染みのような輪郭を残します。
特に夏の炎天下の場合には、ボディ温度も高くなっているため塗装への侵食は早くなります。

黄砂

モンゴルや中国などの黄砂地帯から偏西風によって巻き上げられる「黄砂」も、車の塗装面に大きくダメージを与える原因となります。
また黄砂には、マグネシウムイオンやカルシウムイオンが主成分となっていて、そのような水分を含んだ黄砂はイオンデポジットの原因ともなってしまいます。

紫外線

車の塗装面が長期間紫外線を浴びると、彩度の高い色(赤や黄色、黄緑など)は色ボケや色褪せといった現象が引き起こされてしまいます。
さらに紫外線を浴び続けることで、塗装における分子配列のバランスが乱され汚れも付着しやすくなり、表面の滑らかさも失われます。

水道水

洗車時に使用する水道水は確実に金属イオン(マグネシウム、カルシウム等)を含んでおり、更にはカルキ(塩素化石灰)が消毒剤として添加されています。
これらの成分は乾燥すると白い輪状のシミとなってボディーに残ります。
イオンデポジットの発生要因として洗車時に使用する水の水質や炎天下洗車時の水分乾燥である場合が非常に多いです。

鉄粉

鉄粉は主に、ブレーキダストをはじめ、鉄を扱う工場や鉄道の線路などから排出・飛散され、塗装面に付着します。
この鉄粉が塗装面に付着すると、塗装面の酸化が進行し、徐々に塗装膜に食い込んでチッピングと同様の現象を引き起こしてしまいます。

上記の原因の他にも、酸性雨なども塗装面にダメージを与える原因となっています。
塗装に与えるダメージには様々なケースが考えられますが、塗装を保護する役割としてコーティングは非常に有効な保護防策となり愛車の「価値」を守ります。